TOPスポンサー広告 ≫ 「アラビアのロレンス」1962年イギリス製作TOP懐かし歴史映画 ≫ 「アラビアのロレンス」1962年イギリス製作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「アラビアのロレンス」1962年イギリス製作

文句なしにおもしろい。映画としてたいへんおもしろい。


冒頭に問題提起されるロレンスの謎めいた人物像、その評価は多様だ。
映画の中のロレンスは映画の中のロレンスでしかない。
人物像を100人に訊けば、100とおりの見方で答えが返ってくる。
その共通項を拾い上げたとして、それで完璧な評伝が完成するとは限らない。
むしろ共通項の裏にこそ、その人物の物語が潜んでいるようにも思える。

「アラビアのロレンス」はイギリス人から見た中東世界で、まぎれもなくイギリス流儀の美しい映画で製作当時の政治的プロパガンダも含まれている。それを頭の隅っこに置いていても、やはりおもしろい。

「砂漠は清潔だ。」実在のトーマス・エドワード・ロレンスがそう言ったのか、どうかは知らない。
a1.jpg

しかし、この映画のロレンスはいかにも言いそうだ。
イギリス陸軍情報部カイロ支部の軍人でアラビア語と現地の習俗に通じている。
その価値観は、イギリス人のもの、考古学者として体得したもの、両方が混じっている感じだ。
また生来のエキセントリックさを隠そうとしない。
彼とイギリス軍人のやりとりがたまにずれているが、アラビア人とはそうでもない。
始めのうちは…。

ともあれ第一次大戦中のアラビアで、ロレンスの活躍が始まる。
a2.jpg

カイロから道案内人を頼りに砂漠を横断し、サウジアラビア西部、紅海ぞいのヤンブーで、
オスマン帝国の対抗するハーシム家のファイサル(後のシリア国王)と共闘。
オスマンの支配下の港湾都市アカバを内陸から電撃攻撃する作戦を立て、ネフド砂漠を越えて作戦を成功させる。
a3.jpga4.jpg
a5.jpg

こうして、イギリスとアラブの橋渡しをやってのけ、彼自身、アラブ人のための聖戦という大義を掲げるが、
やがてそれは戦争の現実の前で挫折する運命にあった。
こうした中にあって、ピーター・オトゥールの青い目は常に澄んでいる。
a6.jpg

それはまるで、美しくカメラに収められた砂漠の風景と対を成すかのようだ。
a8.jpg
a9.jpg
a10.jpg

公開当時は4時間、完全版でも200分を越える大作なのに、ぐいぐいと引っ張っていく映像の力がある。
複雑な歴史の一幕に入り込むように。

ほとんど女性の登場がないかわりに個性的な脇役が楽しめる。
たとえばオマー・シャリフ(ハリト族シャリフのアリ)
a12.jpg

アレック・ギネス(ハーシム家のファイサル王子)
a13.jpg

アンソニー・クイン(ハウェイタット族のアウダ・アブ・タイ)
a15.jpg

そして、惜しくも砂地獄で落命する少年とか信管暴発で落命する少年とか
a16.jpg
やっぱり若い男はいいわねぇ(こらこらっ!!)

老後に暇があったら、ゆっくりと見返したい映画の一つです。

アラビアのロレンス [Blu-ray]アラビアのロレンス [Blu-ray]
(2013/05/29)
ピーター・オトゥール、オマー・シャリフ 他

商品詳細を見る


今回のプラスワン

ワタクシは砂漠では
おそらく半日でノイローゼになるタイプ(日本国内でも岩山・禿山を見ると恐怖を感じる)で
決して行きません。鳥取砂丘で十分です。

砂漠…昼間50℃近くなったかと思えば、夜明け前には氷点下。
無理です。絶対に無理。
わりと探検記が好きで、スウェン・ヘディンや河口慧海、ナンセン、リビングストンなど近代を中心に読みましたが、
過酷な状況にはたびたび手に汗握ったものでした。
砂漠や乾燥地帯が舞台の映画では「この人達、スタミナ抜群だわ…」
半ば羨望に満ちた目で見てしまうのでした…。

ここ10年の日本の夏も過酷ですが…(長い夏にすでにうんざり気味です)

(元記事は2013年7月24日に書かれました。エントリー・721)
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。