TOPスポンサー広告 ≫ 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙(そら)編」1982年サンライズ映画TOP懐かしSFファンタジー映画 ≫ 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙(そら)編」1982年サンライズ映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙(そら)編」1982年サンライズ映画

さてもガンダム様であります。

1979年に放映されたTVアニメ「機動戦士ガンダム」全43話を編集・新作カットを加えた劇場版3部作の締めくくりが本作。
締めくくりだけにクライマックスであり、
充実の新作カット・編集の素晴らしさなど、いったん見始めると止めることができない恐ろしい映画です。
これが大晦日の宵の口に放映された時、お節料理を作る手が止まってしまったのはワタクシだけではなかったハズ。
(学生時代からの友人2人も同様だったと証言している)



本作は大人テイスト(エロ密度)の充満によって、「少年少女達の修羅」が「青年と女達の修羅」に変わり、
そこで揉まれた結果、主人公アムロ・レイがヒーローとして完成する物語です。
(したがって、アムロとララァについてのみ書いています。)

最初の戦闘シーンのアムロはたいへん怖い。ジオン軍のキャメル艦隊を次々に撃破していくガンダム。
強い。まさにヒーローロボット。
ガンダムの光がドレン(この親父キャラもなかなかいい)の宇宙戦艦の真上にキラーンと輝くと、
それは一気に艦橋目指して突っ込んでくる。(ここがかっこよすぎる!)
ガンダムのコクピットのアムロ。
その横顔は静かな殺気に満ちている。彼はすでに戦士で、しかもガンダムとセットで最強。
ドレンの最期はまさにガンダム&アムロの強さを見せつける悲惨と華やかさに満ちています。

また、次のジオン軍のコンスコン艦隊を突破する際には、鬼のように容赦なくリックドム12機を3分以内でやってしまいます。まさに鬼神です。
g1.jpgg2.jpg

このアムロが完成ヒーローたるには何が必要か。
ヒーローはただ強いだけでは成り立ちません。人間としての度量、器の大きさが問われるシーンがあるはずです。
大きすぎて良くも悪くもカリスマ級になることもあります。
残念ながらアムロは、それを試され誰もが納得するような人間性をまだ見せていません。

技術者としては廃人になってしまった父と再会しても、彼に出来るのは心の中で別れを告げることでした。
これで彼はもともと解体しかかっていた家族を全解体することになり、ますます寄る辺を失います。

彼は確かに母艦ホワイトベースを守るために命を賭けてきたのですが、
なにより自分が生き延びる場所と仲間を守ったのであって、
地球連邦軍の大義やジオン軍の脅威も彼が戦うほどの理由になっていない。
掲げる錦旗がないまま、強いパイロットというだけのアムロは撃墜王的ヒーローです。
それに加えて、彼は定まらない自己と信頼を得たい欲望の間で彷徨っているように見えます。

それをよく分かってしまったのがララァ。
彼女は天性の感応力で、アムロが抱える虚ろさを見抜いて「何も守るものがないのに戦っている。それは不自然なこと。」と告げます。

ジオン軍大佐シャアとその部下にして愛人ララァ↓
g3.jpg

恋人というには微妙に違う香りがする二人。
この二人とアムロで束の間の三角関係を作ることになる。

ララァとシャアはしょっぱなからエロい。
ララァのセリフ「そのために大佐(シャア)は私のような女を拾ってくれたのでしょう?」
g4.jpg

シャア…女を拾ったとは…拾ったのか…拾ったのだな、拾った関係とはいわゆる…!!

シャアは「言っただろう、ララァは賢いと…。」と、
昭和の純喫茶を思わせるソファに身を沈めながら大人の男ぶりを見せるのだが、
肝心なところはララァの方が上手らしく、「そういう言い方嫌いです、大人っぽくて。」と、シャアのどこか線の細い部分を揶揄する。
でも、嫌味がないのは、おそらく二人がただならぬ仲で、なんとなく情事のあとらしい感じさえするからだろう。

アムロ君はこの二人と偶然出会ってしまう。最初はララァと一緒に雨宿りをし、互いに強い印象を残す。
g5.jpg

さらにシャアと出会って、名前も聞かないのにシャアだと分かってしまう。最強の敵と生身で対峙するアムロ。
g6.jpg

ひたすら黙って、「シャア」と喉元まで出かかった言葉を飲み下し、このめぐりあいに動じないようにしている。
が、最後にかなり腰が引けたのは、シャアが怖かったからではない。
一目で相手をシャアだと見抜いた事実の方に動揺したからだ。
g7.jpg

そしてララァがシャアと一緒なのも、動揺の大きな理由だ。

後の戦闘でアムロとララァはニュータイプ能力で感応しあう。
g8.jpg

この二人にとって精神的つながり=愛の告白であるし、ここまで行ったら、それはもうアレです。
プラトニック・セックス…。
g9.jpg

シャアは嫉妬まるだしで割って入る。「ララァ!奴との戯れ言はやめろ!」
戯れ言…ざれごと…戯れるとはいわゆる…恋人同士のたわむれ!!睦言に近いっちゅーか、その…!

いきなり強烈な三角関係が成立。
ララァはすでにシャアと男女の関係なのに、根源的にアムロと結びついてしまった。
ニュータイプゆえの悲劇。
このつらい三角関係はさらに悲劇を呼ぶ。
シャアを捨てられるわけもないララァは、シャアを庇い、アムロによって戦死。
絶命するまでの間、ララァはアムロと意識を交わす。それは哀しみと慈しみに満ちた時間。

「取り返しのつかないことをしてしまった」と嘆くアムロだが、
彼はララァが言った「守るべきものを持たないのに戦っている」という言葉に応えるように、
最終決戦ではホワイトベースの乗組員にニュータイプ能力で呼びかけて全員を脱出させていく。
これがヒーローの完成形だ。
ガンダムは戦場に沈むが、アムロはガンダムの最後の部品を使って先に脱出した乗組員の元へたどり着く。
この時、彼は虚ろさを人間同士のつながりで一瞬満たしたように思える。
g11.jpg

「僕には帰れるところがある。こんなに嬉しいことはない。」と安堵の表情を浮かべる。
g12.jpg

彼が行く先はホワイトベースでもなければガンダムのコクピットでもなかった。

そして、このヒーローは最後にエライことをつぶやく。「ララァにはいつでも会いに行けるから…。」
アムロは死んだララァの魂と感応できると言っているのか、あるいはいつでも死ねると言っているのか…。
底知れない深淵をかかえているのがアムロなのかもしれない…。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション (初回限定生産)劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション (初回限定生産)
(2014/05/28)
古谷徹、鈴置洋孝 他

商品詳細を見る


機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス [DVD]機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス [DVD]
(2007/12/21)
古谷徹、鈴置洋孝 他

商品詳細を見る


今回のプラスワン

1999年、ガンダム放映20周年記念で「∀(ターンエー)ガンダム」が放映された年のこと。

ワタクシは何度目かの出産のため、入院していた。
事情があって帝王切開での出産で、確かに陣痛の苦しみはないが、あとの痛さがたまらない。
何より腰椎麻酔の副作用を起こさないように注意が必要だったにもかかわらず、出産翌日が「∀ガンダム」第7話放映日というわけで
枕の下に隠しておいた(幸い個室だった)TVリモコンを取り出し、まったく動けない身ながら
∀ガンダムの主人公ロラン・セアックが貴婦人に化ける話を堪能したのでした。

しかし!
その夜、猛烈に子宮収縮の痛みと麻酔が切れた痛みで、眠るどころではなく、
さらに隣の部屋からは陣痛でパニック状態の妊婦さんが「痛い!助けて!死ぬ!」と数時間叫び続け、
他にも車で駆けつける妊婦さんや産気づく妊婦さんが続き、産院はまさに阿鼻叫喚。
痛み止めを打ってもらうためにナース・コールを押すのもはばかられる事態に。

まんじりとも出来ない午前1時。
治まらない痛みを「自分でどうにかするしかない」と決めました。それは妄想世界への完全逃避。
脳内麻薬βエンドルフィンが大量に出ていたとしか思えない技です。
「ロラン・セアック君にティンカー・ベルの羽を生やせてみようッッッ!!!」
ぐぬぬぬぬぬっ!
成功ですっ!
琥珀色のきれいな妖精コスプレのロランがまるで3D映像で病室に浮いています。

「よし!次はガンダムだ!ガンダムRX-78を吉野川大橋の上に…いや、吉野川河口の河川敷に立たせてみよう!」
ぐぬぬぬぬぬっ!
成功ですっ!
これまた病室にカトキハジメ氏の「GUNDAM FIX」ばりの光景が広がるではありませんか。

「よし!次は宇宙戦艦ヤマトを紀伊水道に浮かべて…」
ぐぬっ・・・!
この辺で意識が飛んでしまいました。

この夜のことは脂汗の感触と共にたいへんよく覚えています。
βエンドルフィンをこっち方面に使った女…ワタクシ以外にいらっしゃいませんか?
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。