TOPスポンサー広告 ≫ 「オーメン2/ダミアン」1978年アメリカ製作TOP懐かし恐怖映画 ≫ 「オーメン2/ダミアン」1978年アメリカ製作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「オーメン2/ダミアン」1978年アメリカ製作

前回「オーメン」の続編でございます。

ダ~ミア~ン!(叫ぶ)

シリーズ物の第2作がたいがいエンタメ色を濃くするのは宿命みたいなものですが、
ダミアンがいよいよ自らの宿命に目覚めるのが本作です。
財閥一族の子供として
エリート養成のステータスシンボル、陸軍幼年学校の生徒として過ごす毎日に
悪魔の眷属(一目瞭然の邪悪ヅラ↓)が強力な味方となって現れ
dem1.jpgdem2.jpg
彼に悪魔の化身たれと自覚を促すのです。

ダミアン役のジョナサン・スコット・テイラーの演技が破格に素晴らしい。
時おり滲む孤児の陰や
自分に秘められた力を予感して不安を覚える少年らしさ、
正体を知ってからの苦悩、湖に向かって「なぜ僕なんだ!Why me!」と叫ぶシーン
dem3.jpg

特に従兄のマークを味方にしようとして拒絶されるシーン
dem4.jpg

邪魔者は容赦なく葬り去るべく冷たい眼差しを向けるラスト近く…。
dem5.jpg
その変貌には青春映画の香りも味わえます。
彼なくして「オーメン2」は成り立たなかったでしょう!

見 よ ! 美 少 年 !
dem6.jpg

制 服 の 美 少 年 !(後列は除く)
dem13.jpg

苦 悩 す る 美 少 年 !
dem8.jpg
従兄のマークが悪魔の眷属にならなければ殺すしかない
仲間になれと懇願するダミアン

この映画にはそうそうたる俳優が出演しています。
ダミアンの叔父・ソーン財閥会長にウィリアム・ホールデン、
その妻にリー・グラント、
ダミアンの正体をなんとなく知っている伯母にシルビア・シドニー、
考古学者ブーゲンハーゲンにレオ・マッカーンなど。

彼らの中にあって、堂々たるダミアンぶり(?)を演じ切ったジョナサンに魅了された人は多かったと思います。

テーマ曲は前作から引き続きジェリー・ゴールドスミス。
ブーゲンハーゲンが中近東の海岸を疾走するシーンに合わせてサスペンスフル↓


第2作がエンタメ色の部分は美しいシカゴと近辺の自然、そして次々と犠牲者が出るあたりですね。
今でいう、「死亡フラグ」の立ち方がよく分かります。もう危ないと思ったら、必ず死にます。
dem9.jpg
最初は死ぬまでに15~20分の余裕があったのに
後半はフラグ立つとあっという間で、ちょっと死にすぎかもしれません。

しかし、ダミアンの血が山犬って…。
医療機関のお世話になるたびに医者を殺すのかなって思いましたが、
悪魔の眷属の医者が現れて、彼の医療面を支えるのでしょう。
もしくは悪魔の化身ですから、病気やケガにも強くて大丈夫!とか…。

そうそう、第3作「オーメン/最後の闘争」は見ていません。
ダミアンがすっかり小者のおじさんオーラしか出てなかったので。
悪魔のくせに地道に狙うのが大統領って、せこいわ。
さっさと基地の一つでも乗っ取って核ミサイル打ちまくるとか
生物兵器を手にして悪の組織を立ち上げればおもしろかったのにね~。

オーメン2/ダミアン [Blu-ray]オーメン2/ダミアン [Blu-ray]
(2010/07/02)
ウィリアム・ホールデン、リー・グラント 他

商品詳細を見る

せっかく悪魔の子が覚醒する話なので、真逆の神の子の漫画も置いておこう・・・

聖☆おにいさん コミック 1-8巻 セット (モーニング KC)聖☆おにいさん コミック 1-8巻 セット (モーニング KC)
(2012/12/17)
中村 光

商品詳細を見る


今回のプラスワン

ジョナサン・スコット・テイラーファンは今も多数いるようで、Jonathan Scott-Taylorで検索!
画像も動画もわんさか出てきます。
イギリスBBCのドラマ、ドアルド・ダール(「チョコレート工場の秘密」の著者です)劇場「予期せぬ出来事」↓
ちょっと成長していますね。
dem10.jpg
dem11.jpg
dem12.jpg
映画は本作とあと一本の出演、あとイギリスのTV映画に数本だけなのに
心を鷲掴みにされた人がネットの時代に黙っているわけがなく
英語のファンサイトがあちこちにあります。

ご本人のfacebookにたどり着いた時はびっくりしました、ほんと。
でも、これという記事はなくて、俳優と弁護士をしているのだけ分かりました。
たぶん余計なことを書きこむと、往年のファンが飛びつくのでしょうね。

たいへんだなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。