TOPスポンサー広告 ≫ 「ピアノ・レッスン」1993年公開 仏・ニュージーランド・オーストラリア合作TOP懐かしドラマ映画 ≫ 「ピアノ・レッスン」1993年公開 仏・ニュージーランド・オーストラリア合作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「ピアノ・レッスン」1993年公開 仏・ニュージーランド・オーストラリア合作

撮影が美しい。
その美しさはヒロイン・エイダの激しい自我の背景にふさわしい。
pia1.jpg

これ、恋愛映画かと思ったら、全然違いました。
邦訳タイトルが「ピアノ・レッスン」なので、
べインズにピアノのレッスンするあいだに彼と惹かれあってしまう話かと思いがちですが、
原題は「The Piano」
つまり、ピアノ=エイダであり、これは彼女の物語だと示しています。
エイダをめぐる二人の男は、本来は脇役なのです。

たいへんエキセントリックにも見えるエイダ。
生来の聾啞者でなく、自分の意志で言葉を発しなくなり、ピアノを弾くことが言葉代わりで、
10歳の娘を抱えたシングルマザー。
pia2.jpg

1800年代後半のイギリス社会では、とにかく体裁が悪い。
彼女の父親の手によって、望まぬ結婚のためニュージーランドまで娘とともに旅をしてきた。
分身ともいえる一台のピアノと共に。
ところが、結婚相手の開拓者、スチュアートはピアノが重いという理由でピアノを海岸に置き去りにする。

ここで、この結婚には困難がつきまとう、と分かる。
海岸の波打ち際に佇む荷造りされたままのピアノ。
それは孤高のエイダ自身であり、
外界に出ようとしない彼女の心象風景でもある。
しかし、ピアノに波が押し寄せるように、エイダに変化の波が寄ってくる。
pia3.jpg

ピアノをスチュアートから買い取り、エイダにピアノを習いたいという男がいた。
開拓者仲間のべインズ。
原住民のマオリ族のように入れ墨をした野性的な男だ。
エイダが海岸のピアノを弾き、彼は彼女の初めての笑顔を見た。
誰にも見せないような笑顔。


こうして、やっと恋愛ものっぽくなるけれど、やはり主軸はエイダの物語だ。
それはラストシーンの凄さに現れる。
喜びと明るい映像から一転して海中に沈んだピアノと彼女の分身が映し出される。
そこに流れるモノローグには
エイダの激しい自我が隠されている。
そこには己を滅ぼしかねない強烈さがある。
彼女は魂に潜む自我の重い塊りと心の解放の間に立ち続けるのだ。

とても恐ろしいシーンだが、忘れられない。
これがないとエイダがただの変わり者の物語で終わってしまうだろう。

マイケル・ノイマンの音楽も、ニュージーランドの風景も、新鮮でたまらない。
子役のアンナ・パキンがむっちゃ名優で、
これはジェディー・フォスターの再来かと思ったくらい。
なんといっても
エイダの生来の気質が時に孤独を選び、時に他者を受け入れるさまが、たいへん愛おしい。
そうですね、
たいへん愛おしい映画です。

ピアノ・レッスン Blu-ray HDリマスター版ピアノ・レッスン Blu-ray HDリマスター版
(2014/08/20)
ホリー・ハンター、ハーヴェイ・カイテル 他

商品詳細を見る


ピアノソロ マイケル・ナイマン「ピアノレッスン」(改訂版) (ピアノ・ソロ)ピアノソロ マイケル・ナイマン「ピアノレッスン」(改訂版) (ピアノ・ソロ)
(2006/08/11)
マイケル・ナイマン

商品詳細を見る


ピアノ・レッスン オリジナル・サウンドトラックピアノ・レッスン オリジナル・サウンドトラック
(2013/12/04)
マイケル・ナイマン

商品詳細を見る



今回のプラスワン

子供の時にピアノ習ったけれど、手が小さくてどうにもならなかった…。
だいたい白人の大人の男が作曲家なら、そのサイズで弾くように作曲するだろー!と、
大人になってから、しみじみ思ったラフマニノフの楽譜。
一オクターブになんとか親指と小指が届くような手では、どうにもならなかったです。

ピアノの先生のお宅では、待ち時間に漫画雑誌を読んでいました。
「聖マッスル」を偶然読んでしまって、美と醜の極致を体験したのも、この頃です。
そして、ピアノの先生は、先年亡くなったオランダ女優シルビア・クリステルを小柄にしたような
可愛いエロスをたたえた方でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。