TOPスポンサー広告 ≫ 「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」1980年アメリカ製作TOP懐かしSFファンタジー映画 ≫ 「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」1980年アメリカ製作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」1980年アメリカ製作

とめどなく広がるスター・ウォーズ世界。
本家本元の映画6作品のうちで、これが一番好きかもしれない。

なぜならばっ!
渾身のオプティカル合成をやり遂げた雪と氷の惑星・ホスのシーン見たさに6回も映画館へ行ってしまったからです。
デジタル合成のデの字もない頃、白マット撮影に挑戦した技術スタッフの執念がスクリーンに溢れまくり。
こういう心意気にはシビれてしまう。
フィルムで0・01mmのずれが、スクリーンでは10cmのズレに拡大されるという困難を乗り越え、
素晴らしい戦闘シーンを作り上げていました。

これよっ!これこれっ↓
st1.jpg

st2.jpg

st3.jpg

封切り当時は関東圏に住んでいたので、帰省の途中、東京・有楽町の古い日劇で観ました。
大きなスクリーンでした。
ホスの戦いではAT-ATに注目が集まっていますが、私は同盟軍の輸送艦の青い噴射光も大好き。
ルークが雪原を撤退しながら、脱出する輸送艦を振り返るシーンがあります。
こんな何気ないシーンがあるから「帝国の逆襲」が好きなのかもしれません。

全体的なバランスがとてもいいのです。
氷の惑星、宇宙空間と小惑星群、密林の惑星、雲間の空中都市、最後に同盟軍艦隊と銀河。
人物配置もいい。
同盟軍の中の3人組、孤独に暮らすヨーダ、いかにも怪しいカルリシアン、賞金稼ぎボバ・フェット。
その上にジェダイ騎士の修業(哲学的っすね)や
帝国皇帝、ダースベイダーの秘密を垣間見る構成がきれいに乗って、
世界観の広がりがとても気持ちよかったですね。
その安定感があるから、ベイダー卿の「ワシがお前のとーちゃんだ」衝撃が映えるのですね。

息子の手首を切り落す真っ黒なとーちゃんが怖いよう。
宇宙の虚空を眺めながらルークに呼びかけるとーちゃんが怖いよう。
それに反応して、逃げまくるファルコン号の中で「とーちゃん」と呟くルークが怖いよう。
(冷凍されたハン・ソロのことなど、忘れ去っている私…)

↓ヨーダの出てこない予告編


謎解きは次回のお楽しみということで、あっさり幕引きされても
ここまで魅力的な世界観と古典的な親子物語を提示されたら
あとは期待感MAXで上りっぱなしですから、映画自体に不満も失望もありません。
すごく気持ちいいから何度でも観に行ったわけです。
(一種の中毒状態だったのかもしれない)

しかし、3年後「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」…なんだ、これ…。
…この熊の大群は…。
…この老けたルークに半裸のレイア姫は…。
…皇帝に喰われてしまっているベイダー卿は…。

「俺は熊の大群を観るために映画館まで来たんじゃないっ!ちくしょおっ!人間の物語をかえせええええぇぇぇっっ!(号泣)」
ホントーに失望感MAXでしたね。

スター・ウォーズ エピソードV 帝国の逆襲スター・ウォーズ エピソードV 帝国の逆襲
(2004/11/17)
サントラ

商品詳細を見る


レゴ スター・ウォーズ Bウイング 75050レゴ スター・ウォーズ Bウイング 75050
(2014/06/06)
不明

商品詳細を見る

今回のプラスワン

関東圏への往復、それは島国日本の中の島国・四国の住人にとって海を越える大旅行でした。
若者にとって飛行機は贅沢でした。
残るはオーシャン東九フェリーの2等客室か、阪神フェリーで神戸か大阪に出て新幹線。
しかし、新幹線は高い!
そこで夜行の寝台特急をよく使いました。ブルートレインというヤツです。
列車の名は「瀬戸」。
東京駅を夜の8時くらいに出ると、岡山県の宇野港に朝の5時半くらいに着いて宇高連絡船で海を渡る。
香川県の高松駅へ接岸したら、そこが終着駅です。
そこから高徳線で徳島駅まで帰るわけです。
 
ブルートレインはほとんど姿を消しました。
しかし、「瀬戸」は名を「サンライズ瀬戸」と変えて、
唯一の東京駅発着で大阪駅以西を運転する寝台列車として走っています。
現在JR4社(東日本・東海・西日本・四国)の区間を跨いで運行する唯一の列車でもあります。
 
関東圏へ行くのは数年に一度で、日程を考えるとどうしても飛行機になります。
サンライズ瀬戸に乗るチャンスがあるかどうか分かりませんが、
寝台特急の旅は捨てがたいものがあります。
フェリーも、船底の独特の香りがする車置き場から階段を昇る時間がなんだか忘れがたい。

「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」を観たあと、ブルートレイン「瀬戸」で帰ったものの
濃霧で連絡船が出航せず、3時間待ちました。
現在は宇高連絡船はなくなりましたが、四国フェリーががんばっています。

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。