TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
      

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「惑星ソラリス」1972年ソヴィエト製作

昨年の夏、孤独な仕事に明け暮れていた私を救ってくれた映画だ。

「惑星ソラリス」、このタイトルは実は日本公開の1977年から知っていた。
しかし、映画館で観ることなく(地方までフィルムがこなかった)、その音楽をラジオで聴いて記憶に刻み付けた。
原作スタニスワフ・レムの『ソラリスの陽のもとに』をハヤカワSF文庫で先に読んでしまった。
それでも主演女優タチアナ・ボンダルチュクとバッハの音楽をいつかこの目でこの耳でと思いながら38年。

映画は裏切らなかった。

「惑星ソラリス」は詩だ。映像の一つ一つが詩の一行だ。冒頭の水の中の水草がすでに詩だ。

sol11.jpg
映画全体が長い詩だ。165分。水と追憶と理論と感情がおりなす詩が、延々と続く。
監督タルコフスキーはわざと観る側には退屈な映画にしたと言ったらしいが、
それは映像が詩だから、まあ、そうなるわけだ。
そして詩は哲学的な色彩を帯びてくる。

人間とは何か、何が罪なのか、隠しておきたい過去は許してくれないのか。

sol1.jpg

惑星ソラリスの表面を覆う「海」を調査する空中ステーション。
sol3.jpg

そこに滞在中の科学者達が次々と変調をきたす。ある者は自殺し、ある者はかたくなに事実を否定する。
一体なにがあったのか。
調査に来た科学者クリスはそこにいないはずの人間を目撃する。10歳くらいの少女に幼児、それらは「お客」と呼ばれていて、科学者一人一人と何らかの関係があるらしいが、彼らは触れてくれるなと言いたげに、「お客」現象を見て見ぬふりだ。
そしてクリスの部屋に自殺した妻ハリーの姿をした「お客」が突然現れる。
sol2.jpg

sol5.jpg

ソラリスの「海」がクリスの前にそれを送り込んだ。彼はそれを小型ロケットに入れて葬り去る。
だが、しかし!
再びハリーはやって来る。それを受け入れてしまうクリス、やがて自分が何者か疑問を抱くハリー。
自我の発生に苦しみ自殺を図るが、人間ではないので生きかえってしまう。
それを演じるタチアナの生々しさはおぞましくも、私を捕えて離さなかった。
sol10.jpg

ストーリーはゆっくりと展開するが、詩(映像)の力が圧倒的で、見入ってしまった。
鏡、水、故郷の風景、図書室、絵画、無機質なステーション、未来都市を走る首都高速道路、内省的な目をした人々
中でも私にとって絶大な説得力を持つのが夢に出てくるクリスの母だ。
sol7.jpg

母はハリーと折り合いが悪かったが、大地に立ち、息子の疲れた腕を洗い、多くを語らず、ただそこにあるべき存在としてあった。それはハリーと同じ存在である。
ソラリス製のハリーが去り、クリスの心に流れ込んだのは涙を流せない故郷なのではないかと、私は思った。
父は天井から落ちる水を頭から滴らせている。
その家のドアを開けるクリス。

ただし、その家は地球の家ではない。ソラリスの海に出来た島に建つ、故郷そっくりの家なのだ。
sol8.jpg
sol9.jpg

このラストシーンに、私はしばらく言葉を失った。
かなり昔からラストシーンについては知っていたが、実際に見ると、言いようのない感情に襲われた。

彼は置き去りにしていたものをソラリスで取り戻す。
それがクリスにとって幸福か否かはどうでもいい。
彼は向き合おうとしなかった哀しみを、新しいものとして向き合うのだろうと、私に予感させて映画は終わった。

私にも向き合うのをためらう哀しみがあり、心が疲れているときにはなかったことにさえしたいと思い、
許しを求めている。
だから、この映画に、詩に、救われる思いがしたのだろう。


今回のプラスワン

ステーションの図書室で浮遊するクリスとハリー。
バッハのコラール前奏曲「イエスよ、わたしは主の名を呼ぶ」(BWV 639 )の電子音楽が流れる。
好きなシーンの一つ。



東京・首都高速のシーン。
もちろん未来都市の一部として登場する。
今見ると、たいへん新鮮なのはどうしてでしょうね。


追記・主演女優タチアナ・ボンダルチュクをなぜかナタリア・サワーベリャと書いていたので修正しました。
どうやったらこんな間違いを犯すのか…?
ナタリア・サワーベリャって誰やねん…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。