TOP ≫ CATEGORY ≫ 懐かし歴史映画
CATEGORY ≫ 懐かし歴史映画
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「アラビアのロレンス」1962年イギリス製作

文句なしにおもしろい。映画としてたいへんおもしろい。


冒頭に問題提起されるロレンスの謎めいた人物像、その評価は多様だ。
映画の中のロレンスは映画の中のロレンスでしかない。
人物像を100人に訊けば、100とおりの見方で答えが返ってくる。
その共通項を拾い上げたとして、それで完璧な評伝が完成するとは限らない。
むしろ共通項の裏にこそ、その人物の物語が潜んでいるようにも思える。

「アラビアのロレンス」はイギリス人から見た中東世界で、まぎれもなくイギリス流儀の美しい映画で製作当時の政治的プロパガンダも含まれている。それを頭の隅っこに置いていても、やはりおもしろい。

「砂漠は清潔だ。」実在のトーマス・エドワード・ロレンスがそう言ったのか、どうかは知らない。
a1.jpg

しかし、この映画のロレンスはいかにも言いそうだ。
イギリス陸軍情報部カイロ支部の軍人でアラビア語と現地の習俗に通じている。
その価値観は、イギリス人のもの、考古学者として体得したもの、両方が混じっている感じだ。
また生来のエキセントリックさを隠そうとしない。
彼とイギリス軍人のやりとりがたまにずれているが、アラビア人とはそうでもない。
始めのうちは…。

ともあれ第一次大戦中のアラビアで、ロレンスの活躍が始まる。
a2.jpg

カイロから道案内人を頼りに砂漠を横断し、サウジアラビア西部、紅海ぞいのヤンブーで、
オスマン帝国の対抗するハーシム家のファイサル(後のシリア国王)と共闘。
オスマンの支配下の港湾都市アカバを内陸から電撃攻撃する作戦を立て、ネフド砂漠を越えて作戦を成功させる。
a3.jpga4.jpg
a5.jpg

こうして、イギリスとアラブの橋渡しをやってのけ、彼自身、アラブ人のための聖戦という大義を掲げるが、
やがてそれは戦争の現実の前で挫折する運命にあった。
こうした中にあって、ピーター・オトゥールの青い目は常に澄んでいる。
a6.jpg

それはまるで、美しくカメラに収められた砂漠の風景と対を成すかのようだ。
a8.jpg
a9.jpg
a10.jpg

公開当時は4時間、完全版でも200分を越える大作なのに、ぐいぐいと引っ張っていく映像の力がある。
複雑な歴史の一幕に入り込むように。

ほとんど女性の登場がないかわりに個性的な脇役が楽しめる。
たとえばオマー・シャリフ(ハリト族シャリフのアリ)
a12.jpg

アレック・ギネス(ハーシム家のファイサル王子)
a13.jpg

アンソニー・クイン(ハウェイタット族のアウダ・アブ・タイ)
a15.jpg

そして、惜しくも砂地獄で落命する少年とか信管暴発で落命する少年とか
a16.jpg
やっぱり若い男はいいわねぇ(こらこらっ!!)

老後に暇があったら、ゆっくりと見返したい映画の一つです。

アラビアのロレンス [Blu-ray]アラビアのロレンス [Blu-ray]
(2013/05/29)
ピーター・オトゥール、オマー・シャリフ 他

商品詳細を見る


今回のプラスワン

ワタクシは砂漠では
おそらく半日でノイローゼになるタイプ(日本国内でも岩山・禿山を見ると恐怖を感じる)で
決して行きません。鳥取砂丘で十分です。

砂漠…昼間50℃近くなったかと思えば、夜明け前には氷点下。
無理です。絶対に無理。
わりと探検記が好きで、スウェン・ヘディンや河口慧海、ナンセン、リビングストンなど近代を中心に読みましたが、
過酷な状況にはたびたび手に汗握ったものでした。
砂漠や乾燥地帯が舞台の映画では「この人達、スタミナ抜群だわ…」
半ば羨望に満ちた目で見てしまうのでした…。

ここ10年の日本の夏も過酷ですが…(長い夏にすでにうんざり気味です)

(元記事は2013年7月24日に書かれました。エントリー・721)
スポンサーサイト

「王妃マルゴ」1994年フランス制作

イギリスではチューダー朝最後の女王エリザベス一世がゴールデンエイジだった頃
日本では豊臣秀吉が天下統一してゴールデン茶室だった頃

フランスでは国内の宗教対立(カトリック対プロテスタント)をどうにかしたかったのです。
当時の感覚では、カトリックとプロテスタントは別の宗教だったといってもいいくらいです。
そこで、ヴァロア王朝の王妹マルゴ(カトリック代表)と
フランスの地方王国ナヴァールの王アンリ・ド・ブルボン(プロテスタント代表)の政略結婚↓に踏み切るわけです。
la reine margot

地元フランスでは有名な話で、
日本なら信長&秀吉&家康のエピソード群に当たります。
フランスで今も人気のある王さまといえば、アンリ4世こと、アンリ・ド・ブルボン。
「良王アンリ」「大アンリ」と呼ばれています。
宗教内乱で疲弊した国を立て直すため、たいへん頑張った人です。
ゆえに錯綜する人間関係と陰謀術数の多さをメモして頭に入れておけば、
フランス人同様に「おおー、これよ、これ!」と
慣れ親しんだ物語のように楽しめますが、日本では「ベルばら」ほど知られてない。
「マルグリット・ド・ヴァロワ 結婚 ノートルダム寺院」のネット検索で、けっこう解説サイトが出てきます。 

アレクサンドル・デュマの小説を元にした「王妃マルゴ」は画面の80%が薄暗さと赤い血で覆われた歴史映画。

映画館なら大丈夫だけど、TVで観るにはちょっとツライ暗さです。こんな感じ↓
867d782b.jpg

16世紀後半のパリには、ルーブル宮殿とチュイルリー宮殿の原型も完成したノートルダム寺院もありましたが、
光源は太陽とロウソクとタイマツだけ。
街路は狭く不衛生で、映画は路上に糞尿そこありませんが、そのムードがむんむんとしているわけで、
「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の対極にある暗さです。
それくらい真剣に歴史映画となっています。
(ちなみに三銃士のルイ13世はアンリ4世の息子)

陽光の下でも画面はどこか暗め。マルゴは中央の黒髪の美女↓
ma1.jpg

その美しさはマルゴが政治的に翻弄される王女の立場ゆえに、
せめて夫(愛情はないけど友情はある)の命や恋人ラ・モールの命を守り、病弱な兄王シャルル9世の支えになろうと
身を張っている姿にぴったりです。
しかし、それ以上に男を惑わす妖婦の美しさですね。
イザベル・アジャーニ演じるマルゴだけはたいへん色が白くて暗い画面の中でくっきり映えます。
終盤で彼女は結婚時までに兄弟達によって近親相姦になったと分かります。
(弟が「姉上が産まず女で良かった」と衝撃発言!)
初夜を恋人ギーズ公アンリと過ごそうとしたけど振られたので、
パリの路上で追剥ぎに合っていたラ・モールと行きずり情事で燃え上がるほど、淫蕩な女。
(ラ・モール伯爵とココナス伯爵は実在の人ですが、アレクサンドル・デュマの創作も入っているようです)
それは孤独のなせる業なのか、もともと淫蕩なのか、
王女の身分に反抗しているのか。

さて、ノートルダム寺院での結婚式は当時の美術が再現されており、たいへん荘厳です。
結婚の宣誓にマルゴが「ウィ」と返事をしないので、

後ろから兄シャルルが突進して妹の首を押さえつけるという無理やりさ。
披露宴がすでに殺気に満ちていて、命の危険を感じたアンリ・ド・ブルボンは、
嫁のマルゴに味方になってくれと頼み、
彼女もさすがにそれは承諾します。
ギーズ公アンリとの恋路を断ち切った母カトリーヌ・ド・メディチや王権そのものへの反抗心でもあるようです。
カトリーヌを演じるヴィルナ・リージの異様な迫力。彼女の怪演で映画の陰惨さに磨きがかかっています↓
ma2.jpg

結婚式の数日後、サンバルテルミーの虐殺事件が起こります。
宗教対立が収まるどころか、マルゴの兄王シャルル9世のひ弱さが引き金になり、
カトリックによるプロテスタント殺しが延々と続きます。
結婚を祝うためにパリに集まった数千人のプロテスタントの累々たる死体…。
王宮も宿も街路も、血と死体で埋まり、なんだか画面から死臭が漂いそうなほど悲惨なシーンの数々。
「これ、映画だから」と平気でいられるようなレベルを越えています。
汚し方の迫力がすごすぎる。
死体だらけの中庭で死闘するラ・モールとココナス↓これはまだ綺麗な方ですね
400full.jpg

政略結婚だったとはいえ、自分の結婚を祝った人々が殺され、
マルゴはますます母や兄弟との溝を深くし、ラ・モールとの逢瀬を重ねます。
reine1.jpg
「何者でもないあなたを愛する」と言った彼といる時だけ、
マルゴは王妃でも王女でもない女になれるのでした。

アレクサンドル・デュマの凄いところは、ラ・モールが質入れした本がシャルル9世暗殺犯のものにされ、
彼が処刑される原因になるという虚構を作り上げた点ですね。
追剥ぎにあった彼に、たった一つ残った本を拾って手渡すのはマルゴでしたから、
ちゃんと「男を破滅させる女」の役割も果たさせているわけです。

最後にマルゴはラ・モールの首を血まみれドレスに抱いて、ナヴァールにいる夫の元へ旅立ちます。
これはサロメのイメージを被せているシーンです。

ここだけ朝日の淡い陽が射します。
美貌も才智もありながら、男を破滅させるマルゴの薄幸を表すかのような光。
tumblr_lw2bmoBkuo1qzkgzqo1_500.jpg
何度か見直して、やっと隅々まで堪能できるようになりました。



そういえば、新郎アンリの愛人役でアーシア・アルジェントが出演していたなぁ。
「サスぺリア」の監督ダリオ・アンジェントの娘。
彼女はソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」でデュ・バリー夫人を演じてたなぁ。
「王妃マルゴ」では毒殺された上に窓から投げ捨てられて、哀れだった。

王妃マルゴ [Blu-ray]王妃マルゴ [Blu-ray]
(2012/07/13)
イザベル・アジャーニ、ジャン=ユーグ・アングラード 他

商品詳細を見る


王妃マルゴ〈上〉 (河出文庫)王妃マルゴ〈上〉 (河出文庫)
(1994/10)
アレクサンドル デュマ

商品詳細を見る


アンリ四世―自由を求めた王アンリ四世―自由を求めた王
(2000/05)
フランソワ バイルー

商品詳細を見る


王妃マルゴ 1 (愛蔵版コミックス)王妃マルゴ 1 (愛蔵版コミックス)
(2013/01/25)
萩尾 望都

商品詳細を見る

↑フランソワ・バイルー「アンリ4世」はなかなか読みごたえあります。時系列がばらけた書き方で、そこはフランスっぽい(?)
一方、萩尾望都「王妃マルゴ」は、複雑な政治&人物背景をまとめ上げた漫画ならではの描写がすごい。マルゴの思春期がすごく気になります。

今回のプラスワン

物心ついた頃から、純和風の古い我が家のとある柱に華奢なアイアン製手紙入れがかかっていて、
それには凱旋門の絵が付いていたのでした。
その絵はさらっと描かれた小さなものでしたが、空に雲がうねり、ちょっと不思議なムードでした。
凱旋門が何のための建築物か知らなかったけど、
子供心に「フランスのパリにはこういう不思議なものがある」ことだけはしっかり刻まれたのでした。

小学生を卒業するまでの半年間は「ベルサイユのばら」にハマりました。
学校の図書室で本を漁ってみるけど、40年も前の田舎の木造小学校、
フランス革命に関する本などない。
中学も同様で、歴史の断片をかじるだけの3年間でした。
 
高校で世界史を選択したことで、バラバラだった断片がようやくつながり始めました。
きっと歴史好きに生まれたのでしょう。
私の場合、つながった断片は次の断片を生むことになるのです。

今も断片がつながる瞬間を求めて「北の十字軍」や「アンリ4世 自由を求めた王」を
ネットでポチリと買ってしまいます。
(つい先日も町の図書館で佐藤賢一「黒王妃」を見つけて速攻読み…)

「美女ありき」1941年イギリス製作

芳賀書房のシネアルバム「ヴィヴィアン・リー」は私の宝物でした。
お年玉をかき集めて買ったそれには、彼女の出演作が全部載っていました。
TV録りを狙っていた中の一本がこれです。原題はThat Hamilton Woman, Lady Hamilton。

フランスの港町カレーでワイン万引きの罪で逮捕された女↓
bi1.jpg

これがヴィヴィアン・リーですかっ。うそやぁ~。
しかし、万引き女が語る人生はまさに美女ならではの物語だったというわけで、この落差効果はすごいわ。

だって「私の人生は18歳で花開いた」と語る、その18歳がこれ↓
bi2.jpg

うそやぁ~。この美女がどうやったら万引き女になるのや~。
そんな訳で、観ずにはいられない構成になっているのですね。

エマ・ハート18歳、田舎出の小娘ながら美貌と才知があり、
ダンスの名手や画家のモデル(マリー・アントワネットの肖像画家として有名なビジェ・ルブランも描いている)、
貴族の愛人としてロンドンで知られるようになった彼女は、結婚を約束したグレヴィルによって、
彼の伯父、ハミルトン公爵に5000ポンドで売られてしまう。
何も知らずにハミルトン公爵(外交官としてナポリに赴任中)の所へ来たエマは公爵から真相を告げられ泣き崩れる。

はっきり言って人身売買ですね。しかし、5000ポンドといったら超大金。
エマはそれだけの価値があったというわけです。
すでにグレヴィルから貴婦人として教育されていた上に、公爵は語学・音楽・ダンスなど専門教師をつけて再教育。
公爵とエマは結婚し、愛人から妻になります。
こうしてレディ・ハミルトンになったエマ、外交官夫人としてナポリの宮廷にも出入りし、王妃と友人になります。

ただ美しいだけでなく、才智を伸ばして周囲の人々を喜ばせ、時には遊び好きで奔放な一面を垣間見せるエマ。
成り上がり話に見えなくもないけど、彼女の愛らしさの前ではどうでもよくなります。

そこに登場するのがイギリス海軍提督ネルソンです。
「英国は各員がその義務を尽くすことを期待する」の名文句(実際は信号旗で示された)を残し、
1805年のトラファルガー海戦(対フランス・スペイン連合艦隊との戦い)で亡くなった人です。

1793年、彼はナポリに寄港し、革命真っ最中のフランスのトゥーロン攻撃のための援軍を要請。
らちのあきそうにないナポリ宮廷から、エマは速攻でOKを取り付けます。
これは外交官夫人としての機転でしたが、ネルソンとの馴初めでもあります。

このネルソン役が、ヴィヴィアン・リーの夫、ロレンス・オリヴィエ。
二人ともそれぞれ配偶者があった時期に出会っていて、いわゆる不倫だったわけで、
この映画の製作期には、やっと結婚できたものですから、
同じく不倫関係だったエマとネルソンを阿吽の呼吸で演じています。
この映画でのヴィヴィアンの美しさ、オリヴィエの貫録が尋常でないのも、うなずけます。

尋常でない二人↓
bi3.jpg

その後は定番の不倫ドラマをあっさり流しています。
本妻との軋轢、社会からの非難と好奇のまなざし。
脚本はイギリスに戻ったエマをネルソンを支える賢婦人として描いてて、
その辺はちっともおもしろくないですね。
いかにもイギリス的な規範に納めて、紳士と淑女の国の物語に仕立て上げた感があります。
製作しているうちに第2次世界大戦開始の様相が濃くなってきて、
ネルソンを神聖な英雄に描く必要があったのかもしれません。

しかし、ヴィヴィアンリーの美しさを愛でるなら、たいへん良い映画です。やはり尋常でない↓
bi4.jpg

私自身は史実の方のネルソンとエマとハミルトン公爵がおもしろかったのですけど…。
だって「3人夫婦」と呼ばれていたとか…。わくわくしませんか?

美女ありき [DVD]美女ありき [DVD]
(2009/04/24)
ローレンス・オリヴィエ、ヴィヴィアン・リー 他

商品詳細を見る


今回のプラスワン

芳賀書房のシネアルバムといえば、映画俳優の貴重写真を眺めて楽しむにはもってこいのシリーズでした。
一冊2000円くらいしたと思うのですが、
当時の中学生が買うには高かった!

私が持てたのはヴィヴィアン・リー、エリザベス・テーラー、アラン・ドロンだけ。
(見事に美男美女ばかり)
大切に大切にしていたのに、どこへ行ったのでしょう、あの3冊は…。

中学3年で卒業間際の頃、美術科で木版多色刷りをしたとき、課題は風景だったのですが、
木版の裏面を利用して、アラン・ドロンを刷るべく家で何度もシネアルバムを見てスケッチしました。
もちろん美術の先生には「風景の方もちゃんと刷ります!」と宣言して了解ずみ。
さっさと課題を彫り上げ、
勇んで裏面を三角刀ですぱっと一刀入魂していると、
数名の女子からアラン・ドロンを刷ってほしいとリクエストが…。
「よっしゃあああぁぁぁっっ!」
美しい刷り上がりになるまで、奮闘いたしましたとも!

先生はあきれていたと思います。

「アンナ・パブロワ」1984年ソ連・イギリス合作

20世紀初頭に世界中にバレエを広めた意志と情熱のロシアのバレリーナ、
アンナ・パブロワの熱烈伝記映画。

たいへん美しい映画です。
まず冒頭のロシア、林の中の川を幼いアンナが艀に乗って流れていくシーン。
バラライカの音色とマッチして、やがてロシアを離れるアンナの運命を暗示するシーン。
これが息を飲むほど美しい。そして、哀しい。

ソ連が世界に誇るバレエ団、モスクワのボリショイバレエと
レニングラード(現サンクトペテルブルグ)のレニングラードバレエ団(現マリインスキーバレエ団)が協力しているうえに、
パブロワを演じるガリーナ・ベリャーエワもバレエダンサー出身の俳優ゆえに
バレエシーンはたいへん見応えがあります。

アンナにジゼルの振付けをするプティパ
an1.jpg

そのバレエシーンを彩る音楽が激しい…。
パブロワの代名詞でもあった『瀕死の白鳥』の音楽は、
サン=サーンスの『動物の謝肉祭』の中の『白鳥』です。
これはピアノ伴奏によるチェロ独奏なのに、
この映画ではフルオーケストラ、編曲も激しく大げさ。
ニューヨークでの『白鳥の湖』では2幕の最後に女性コーラスまで入っているので、たいへん劇的。
それがパブロワの情熱を現しているといえるし、何より当時はまだソ連…。
大げさ過ぎるくらいがちょうどいい。

この映画は当時の著名人が惜しみなく現れる。
偉大な振付師・プティパ、天才ダンサー・ヴァツラフ・ニジンスキー、
辣腕興行師・ティアギレフ(彼がプティパを退屈でつまらないと罵倒するくせに「ジゼル」を見て号泣するシーンがある)、
作曲家サン=サーンスにストラヴィンスキー(ストラ、そっくりでびっくり!)、
ドイツ皇帝、
そして『瀕死の白鳥』を創作したミハイル・フォーキン。

さらに衣装が素晴らしい。惜しみなく第一次世界大戦前後のモード全開!
これが目の保養でなくてなんなのだ!
an2.jpg
当時のバレエ衣装も忠実に再現されています。
チュチュはかなり短くなってはいるが、チュールの上に、もっさもっさとサテン・ジョーゼット・オーガンジーが載っていて、
時代を感じます。
バレエ好きにはたまらない映画でしょう。


世界ツアー・メキシコのシーン



アンナ・パヴロワ [DVD]アンナ・パヴロワ [DVD]
(2008/03/19)
ガリーナ・ベリャーエワ、セルゲイ・シャクーロフ 他

商品詳細を見る


今回のプラスワン

幼稚園の2年間、すっかり大人になってから10年間、
クラシックバレエを習いました。
子供の時は、あるバレエ団が支部を作るので生徒集めを頼まれた母が妹と私を通わせました。
大人になってからは、母が「その体形でバレエ?」とあざ笑うのを無視して頑張りました。
おかげで体重8㎏を落とし、
いろいろと学ばせていただきました。
やめた今でも大切な友人と思い出が残りました。

日本にバレエを根付かせた3人のパブロワのうち、アンナは1922年(大正11年)に全国8都市で来日公演をし、
西洋舞踏を初めて日本に広く紹介、
のちに日本においてバレエが定着・普及するきっかけを作りました。
残る二人のうち、
エリアナ・パヴロワ(霧島エリ子)はロシア革命から逃れ、大正9年に来日、
昭和2年から鎌倉に日本初のバレエ教室を開いています。
もう一人はオリガ・パヴロワ、別名をオリガ・サファイア(清水みどり)といい、
1936年(昭和11年)に来日、正統派のロシア=ソビエトバレエの理論と技術を日本に導入した最初の人物です。
日劇ダンシングチームのバレエ教師として長く活躍しました。
今ではバレエ人口の増えた日本も、黎明期のこうした恩人あってこそですね。
 
ちなみにアンナ・パヴロワ御本人の踊りがyoutubeにあります。
(1925)

彼女の死後『瀕死の白鳥』は誰も踊ることなく、
マイヤ・プリセツカヤが振付を変えて超人的な腕の動き(これもスゴイ)で踊るまで
封印されていたようです。

「風と共に去りぬ」1939年アメリカ製作

中2の修学旅行前後に寝不足で苦しんだ原因はこれです、「風と共に去りぬ」。
アメリカ南北戦争を背景に、
没落する南部豪農の令嬢スカーレット・オハラが豪快に生き抜く大作。
前編と後編に分けて初のTV放送に釘づけになったあとは…
眠れない!
どうしてもこうしても眠れない!
頭の中に響くタラのテーマ、脳裏に焼きつくヴィヴィアン・リーの美貌、心奪われる激しいストーリー。



翌朝、重い足で自転車をこいだ学校への長い上り坂。
誰も「風と共に去りぬ」の話をしない。
ああ、凄い映画だねと語り合いたかったあの頃、
同好の士を見つけるのは至難のワザでした。
ううう、不毛の中学時代よ。
数年後、最後のリバイバル上映があり映画館で初めてヴィヴィアン・リーの声を聴きました。
TVの吹き替えは栗原小巻でしたから、甘い声を予想していたのですが、
意外に丈夫で低めでした。
それで、できれば洋画は吹き替えより俳優ご本人の声を聴こうと思ったのはこの頃から。

スカーレット、アシュレイに結婚を迫るが断られるどころか
彼に「メラニーの悪口は許さない」とたしなめられて、腹いせに花瓶を投げる。↓



アシュレイとメラニーの結婚への腹いせに、メラニーの兄と結婚するものの、すぐ未亡人になるスカーレット。
軍資金調達バザーでダンスの指名料を寄付する催しで
チャールズ・ハミルトン夫人(スカーレット)を御指名のレット・バトラー。
この時代、未亡人は身持ち固く、ダンスなどもってのほかだけど、彼女は喜んで喪服で踊る。
大顰蹙を買っても気にしない。
周囲の批判的なまなざしが時代の空気を感じさせます。↓


奴隷制度の描き方やミッチェルの原作が黒人差別的などの、
人権思想的批判はあるものの、
当時の映画を現在の感覚や価値観で断罪するのはナンセンスよのぅ。
それより、ミッチェルの祖母がちょうど南北戦争体験者で、
その話を直接記録するかのごとくに小説を書いたのだから、
白人側の歴史&民俗資料として読むのも一興ではないでしょうか。
 
ヴィヴィアン・リーは私にとって、今も思い入れの深い女優さんです。


風と共に去りぬ [Blu-ray]風と共に去りぬ [Blu-ray]
(2010/07/14)
ビビアン・リー、クラーク・ゲーブル 他

商品詳細を見る



風と共に去りぬ (1) (新潮文庫)風と共に去りぬ (1) (新潮文庫)
(1977/06/03)
マーガレット・ミッチェル

商品詳細を見る
映画のようにすらすらっと進まない展開ですが、時代背景から風俗まで読みごたえばっちりです。全5巻。



今回のプラスワン

しばらく寝ても覚めてもタラのテーマが鳴り響き、なんとなく虚ろなワタクシ。
父親が見かねてか「映画のサントラじゃー」とレコードを買ってきました。
ありがとう、父よ!
しかし、それはジャケットだけが「風と共に去りぬ」。
内容は6つの映画のテーマ曲のみが入った、いわゆるテーマ曲集です。
「男と女」「第3の男」などがありました。
せっかく父が気を利かせてくれたレコードです。
サウンドトラック盤じゃないなどと文句が言えるわけもなく、よく聴いていました。
父は「若い時に見た映画は忘れられんなー」とよく言ってました。
それで映画の話ばかりしている娘を、
自分に似ていると思ったのかもしれません。

ちなみに父が最高に面白かったと豪語した映画は1952年の邦画「娘十八びっくり天国」…。
笑いあり涙ありの、人情喜劇です。私は未見です。

う~ん、映画の趣味は全然似てない…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。